掛川市 掛川市 板金塗装 | ダイハツ タント 左リアドア フェンダー修理事例 三和自動車-新車市場掛川店-

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 掛川市 板金塗装 | ダイハツ タント 左リアドア フェンダー修理事例

掛川市 板金塗装 | ダイハツ タント 左リアドア フェンダー修理事例

 掛川市にお住いのO様より、ダイハツ タント左リアドアとフェンダーのキズ・ヘコミ修理のご依頼

掛川市にお住いのO様より、ダイハツ タント左リアドアとフェンダーのキズ・ヘコミ修理のご依頼をいただきました。

車庫入れの際に車庫の壁に擦ってしまい、キズが付いたとのことです。リアドア、フェンダーの後ろや下部の方は死角になりやすいのでキズが付いてしまいがちですよね。当店でも同じような理由でのご入庫が多いんです。今回はキズの範囲は広いものの、ヘコミはそれほど深くないのが不幸中の幸いですね。さっそく、キズ・ヘコミ修理をしていきます。

 「できるだけコストを抑えてほしい」とのご要望です。

修理を始める前に、まずはお客様のご予算・ご要望をヒアリングいたします。

今回は「できるだけコストを抑えてほしい」とのご要望。
車のキズ・ヘコミ修理の方法は主に下記の3つに分かれます。
1・新品パーツの交換する
2・中古パーツに交換する
3・板金塗装で修理する

コストを抑えたいというご要望なら「中古パーツに交換」もしくは「板金金塗装」のどちらかになります。今回はキズの状態もひどくないので板金塗装でキレイに直していきます。

 下地処理が仕上がりの良さを左右します。

板金塗装は簡単に上から塗ればいいという単純なものではありません。

塗装前の下地処理の丁寧さによって仕上がりの良さが変わってくるんですね。綺麗に仕上げるためには、まずはサフェーサーを塗布して下地を整えます。サフェーサーには下地として表面を滑らかにすることや、ベース塗料の密着性を向上させてくれる役割があり、塗装する上で非常に重要な工程。下地処理が終わったら、そこからサンドペーパーで表面を削り滑らかにします。
このような作業が雑だとムラになったりと仕上りが左右してしまうので板金職人の腕の見せどころなんです。下地処理が終わったら、塗料が他の部分に付かないようにしっかりとマスキングをしてから塗装していきます。

 ダイハツ タント左リアドア フェンダーのキズ・ヘコミ修理が完了

ダイハツ タント左リアドアとフェンダーのキズ・ヘコミ修理が完了いたしました。

キズ・ヘコミが無くなりキレイになりましたね。もうどこにキズがあったかも分からないですよね。お客様にも「キレイになって満足です」と嬉しいお声をいただけました。

静岡県掛川市にある三和自動車は、お客様のご予算・ご要望に合わせた修理プランのご提案が得意なんです。充実の設備と技術力で低価格かつ、高品質な修理をお約束いたします。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  掛川市でお車のことなら三和自動車にお任せください

掛川市にある三和自動車では、徹底したお客様目線のサービスを心掛けております。車検はもちろん、修理や車輛販売など、お車のことならなんでもお気軽にご相談ください。見積りやご相談は無料で実施しております。

TEL:0537-24-4121
>>無料見積りはこちら

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!